平成12年 1月 初土俵
智司 長洋
ともつかさ ながひろ
( 1)金城 長洋
( 2)沖縄県
( 3)入間川[16]
( 4)金城→闘司→智司
( 5)幕下57
( 6)昭和56年10月19日
( 7)平成18年 5月
( 8)124勝87敗55休
( 9)右褌、出し投げ、寄り
(10)180cm 110kg
(12)久司の兄。
沖縄県立中部農林高校では相撲部に所属した。力士を志し、相撲部監督と日本大学で同級生だった入間川を紹介されて入門した。
闘司の名は、闘争心を持って土俵に上がってほしいとの願いを込めて入間川が命名した。本来は三段目に昇進してから命名してもらう予定だったが、入間川が待ちきれなかった。智司の名は高校相撲部監督の下の名に因んだ。
不動山 昴
ふどうやま すばる
( 1)ニャムジャブ ロブサンドルジ
( 2)モンゴル国
( 3)高島[13]
( 5)幕下38
( 6)昭和58年 9月 9日
( 7)平成20年 1月
( 8)166勝163敗7休
( 9)右四つ、寄り
(10)174cm 139kg
(12)旭天鵬の弟、大天霄の従兄。
子供の時から相撲が好きで中学校でモンゴル相撲を始め、平成10年春のナライハ市大会で優勝した。10年 6月に中学校を卒業して来日し、 1年半を要して日本語の勉強など入門の準備を進め、11年 9月から高島部屋に住み込んだ。
久ノ花 四郎
ひさのはな しろう
( 1)高橋 寿志
( 2)埼玉県
( 3)出羽海[10]→田子ノ浦[14]
( 4)高橋→久乃花→久ノ花
( 5)幕下45
( 6)昭和57年 2月14日
( 7)平成16年 5月
( 8)90勝79敗13休
( 9)突き、押し
(10)180cm 125kg
(12)草加市立花栗南小学校 6年生で草加相撲練修会に通って相撲を始め、草加市立花栗中学校では埼玉県大会で優勝し、全国中学校相撲選手権大会でも準優勝した。埼玉栄高校に進学して相撲部に所属した。 3年生の全国高等学校総合体育大会では団体優勝した。拓殖大学に進学する話も有ったが、田子ノ浦に勧誘されて入門した。
久ノ花 四郎の名はパソコンの姓名判断ソフトウェアを使って田子ノ浦が命名した。
朝ノ土佐 翔
あさのとさ しょう
( 1)久保 翔
( 2)高知県
( 3)若松[11]→高砂[ 7]
( 5)幕下35
( 6)昭和56年11月10日
( 8)184勝159敗
( 9)右四つ、寄り、巻き落とし
(10)174cm 152kg
(12)小学校で土佐少年相撲クラブに通って相撲を始め、土佐南中学校では全国大会で活躍した。明徳義塾高校では相撲部に所属した。専修大学からも勧誘されたが、親に負担を掛けたくないと考え、相撲部監督と近畿大学で同級生だった若松に入門した。
富松 延之
とみまつ のぶゆき
( 1)富松 延之
( 2)福岡県
( 3)大島[ 2]
( 5)序二段75
( 6)昭和56年 7月22日
( 7)平成13年 3月
( 8)12勝15敗8休
(10)175cm 87kg
(12)福岡工業大学附属高校では柔道を経験し、二段の腕前で福岡県大会でも活躍した。
北木村 彰俊
ほくきむら あきとし
( 1)木村 彰俊
( 2)北海道
( 3)八角[ 8]
( 5)序ノ口 1
( 6)昭和57年 8月12日
( 7)平成12年 9月
( 8)5勝9敗7休
(10)195cm 138kg
(12)琴似工業高校ではバスケットボールを少し経験した程度で、 2年生で中途退学して平成11年12月に入門した。
齋藤 孝雄
さいとう たかお
( 1)齋藤 孝雄
( 2)茨城県
( 3)九重[13]
( 5)序ノ口 6
( 6)昭和56年 2月28日
( 7)平成12年 5月
( 8)4勝11敗
(10)188cm 108kg
(12)美野里中学校ではバスケットボール部に所属し、土浦工業高校を 1年生で中途退学して弁当製造業に従事したが、千代の富士に憧れて平成11年12月に入門した。
平成12年 3月 初土俵
杉浦 亮
すぎうら りょう
( 1)杉浦 亮
( 2)愛知県
( 3)九重[13]
( 5)序ノ口17
( 6)昭和59年 6月12日
( 7)平成12年 5月
( 8)7休
(10)181cm 123kg
千代東 英生
ちよあずま ひでお
( 1)堀江 英生
( 2)埼玉県
( 3)九重[13]
( 4)堀江→千代東
( 5)三段目79
( 6)昭和59年12月15日
( 7)平成18年 3月
( 8)111勝134敗7休
(10)179cm 110kg
魁戦龍 龍司
かいせんりゅう りゅうじ
( 1)奥村 龍司
( 2)千葉県
( 3)友綱[10]
( 4)奥村→魁千龍→魁戦龍
( 5)三段目86
( 6)昭和59年 8月13日
( 8)161勝175敗
(10)180cm 124kg
魁西家 賢剛
かいせいや けんご
( 1)西家 賢剛
( 2)北海道
( 3)友綱[10]
( 4)西家→魁西家
( 5)三段目99
( 6)昭和60年 2月18日
( 7)平成14年 5月
( 8)40勝38敗13休
(10)184cm 146kg
(12)平成11年の夏に友綱部屋後援会会員に紹介されて訪ねて来た友綱に勧誘されて入門した。
荒仁 仁
あらじん ひとし
( 1)藤田 仁
( 2)大阪府
( 3)荒磯[12]
( 4)和泉藤→荒仁
( 5)三段目80
( 6)昭和59年 6月29日
( 7)平成16年 5月
( 8)90勝85敗
(10)182cm 140kg
(12)和泉邦の兄(双子)。通算成績も全く同じ90勝85敗だった。
柔道は二段の腕前で、知人に紹介されて中学校 1年生から荒磯部屋の長野合宿に参加したり、正月休みに部屋で寝泊まりした。
荒仁の名は当初「こうじん」と読ませる予定だったが、本人と荒磯の希望で「あらじん」に変更された。
和泉邦 俊
いずみくに しゅん
( 1)藤田 俊
( 2)大阪府
( 3)荒磯[12]
( 5)三段目61
( 6)昭和59年 6月29日
( 7)平成16年 5月
( 8)90勝85敗
(10)182cm 120kg
(12)荒仁の弟(双子)。通算成績も全く同じ90勝85敗だった。
小学校の時からと一緒に柔道の町道場に通い、払い腰を得意として二段の腕前だった。知人の柔道の先生に紹介されて中学校 1年生から荒磯部屋の長野合宿に参加したり、正月休みに部屋で寝泊まりした
土岐 浩二
とき こうじ
( 1)土岐 浩二
( 2)大阪府
( 3)九重[13]
( 5)序二段121
( 6)昭和60年 3月17日
( 7)平成12年 9月
( 8)7勝7敗7休
(10)173cm 101kg
三宅 光
みやけ ひかる
( 1)三宅 光
( 2)北海道
( 3)九重[13]
( 5)序ノ口34
( 6)昭和59年 9月12日
( 7)平成12年 7月
( 8)4勝9敗1休
(10)183cm 122kg
剛天佑 修一
ごうてんゆう しゅういち
( 1)久保 修一
( 2)北海道
( 3)二十山[13]→北の湖
( 4)久保→剛天佑
( 5)三段目11
( 6)昭和59年 6月 8日
( 7)平成19年 7月
( 8)150勝141敗17休
(10)182cm 138kg
虎受 裕弥
こじゅ ゆうや
( 1)池本 裕弥
( 2)東京都
( 3)朝日山[18]
( 4)池本→大扇→虎受
( 5)序二段26
( 6)昭和59年 7月18日
( 8)151勝185敗
(10)187cm 120kg
若大鬼 剛
わかだいき つよし
( 1)高橋 大樹
( 2)長野県
( 3)花籠[15]
( 4)高橋→若大鬼
( 5)序二段60
( 6)昭和59年 4月 2日
( 7)平成14年 9月
( 8)35勝42敗21休
(10)184cm 129kg
玉昇竜 充広
たましょうりゅう みつひろ
( 1)彦坂 充広
( 2)愛知県
( 3)片男波[12]
( 4)彦坂→玉昇竜
( 5)序二段21
( 6)昭和59年 5月 3日
( 7)平成15年 5月
( 8)61勝59敗13休
(10)173cm 160kg
春日国 晃大
かすがくに あきひろ
( 1)安冨 勇太
( 2)宮崎県
( 3)春日山[20]
( 4)安冨→春日国
( 5)幕下12
( 6)昭和56年10月30日
( 8)186勝143敗7休
( 9)突き、押し
(10)182cm 156kg
(12)日章学園高校では野球部に所属したが、力士を志して入門した。
晃大の名は春日山が現役時代に名乗った下の名に因んだ。
曽根 翔
そね しょう
( 1)曽根→佐久間 翔
( 2)神奈川県
( 3)春日山[20]
( 5)序二段45
( 6)昭和59年 5月23日
( 7)平成12年11月
( 8)10勝4敗14休
(10)176cm 111kg
(12)川崎市立桜本中学校では相撲を経験し、神奈川県大会でも優勝した。
平成17年 8月18日に鎌倉市の路上で、仲間 3人と共に帰宅途中の相撲料理店店長を後ろから襲い、現金6000円入りのバッグなどを奪った。30日に強盗傷害罪の容疑で逮捕された。他にも少なくとも 7人が被害に遭っており、 9月20日に強盗致傷罪の容疑で再逮捕された。
春日嶺 和徳
かすがみね かずのり
( 1)古閑 和徳
( 2)大阪府
( 3)春日山[20]
( 4)古閑→春日嶺
( 5)三段目55
( 6)昭和59年10月27日
( 8)162勝174敗
(10)184cm 170kg
(12)小学校では野球を経験し、野球の監督に力士を勧められ、春日山部屋を紹介されて入門した。
春日嶺の名は、芳野嶺に因んで元 芳野嶺が命名した。
太刀風 秀一
たちかぜ しゅういち
( 1)新岡 秀一
( 2)青森県
( 3)尾車[ 8]
( 4)新岡→太刀風
( 5)幕下41
( 6)昭和59年12月18日
( 8)166勝135敗35休
( 9)右褌、寄り
(10)182cm 138kg
(12)金木小学校では相撲部に所属して 1年生から相撲を始め、わんぱく相撲大会で活躍した。 5年生で尾車と会った。金木中学校では青森県大会で優勝し、卒業時には東関若松鳴戸にも勧誘されたが、直接訪ねて来た尾車に入門した。
山路 康高
やまじ やすたか
( 1)山路 康高
( 2)鹿児島県
( 3)陸奥[ 9]
( 5)序ノ口43
( 6)昭和56年 2月 8日
( 7)平成12年 9月
( 8)7休
(10)179cm 79kg
甲雄 博之
かぶとゆう ひろゆき
( 1)夏坂 博之
( 2)福岡県
( 3)甲山[ 9]
( 4)夏坂→甲雄
( 5)序二段123
( 6)昭和56年 7月 2日
( 7)平成13年 1月
( 8)10勝18敗7休
(10)173cm 100kg
(12)甲雄の名は甲山大雄に因んで甲山が命名した。
大浪 大志
おおなみ たいし
( 1)渡邊 大志
( 2)愛知県
( 3)立浪[ 7]
( 5)序二段115
( 6)昭和60年 1月26日
( 7)平成12年11月
( 8)8勝6敗14休
(10)182cm 120kg
永井 史弥
ながい ふみや
( 1)永井 史弥
( 2)群馬県
( 3)[22]
( 5)三段目11
( 6)昭和60年 3月31日
( 8)156勝158敗15休
(10)189cm 144kg
(12) 5歳から空手を経験し、中学校では柔道部に所属した。平成10年 5月に、食事をした店の人がの知人だったのが縁で、に勧誘された。 3ヶ月ほど悩んだが、自分の力を試してみようと決心して入門した。
湯澤 将健
ゆざわ まさたけ
( 1)湯澤 将健
( 2)東京都
( 3)[22]
( 5)三段目61
( 6)昭和57年 5月28日
( 8)159勝167敗10休
(10)170cm 117kg
希帆ノ海 勇樹
きほのうみ ゆうき
( 1)崎
( 2)新潟県
( 3)出羽海[10]
( 4)山崎→希帆ノ海→越闘龍→希帆ノ海
( 5)幕下18
( 6)昭和59年 6月 4日
( 8)162勝156敗18休
(10)182cm 134kg
(12)上越巡業中の出羽海と会食した縁で入門した。
藤の佑 雅弘
ふじのゆう まさひろ
( 1)小倉 雅弘
( 2)栃木県
( 3)二十山[13]
( 4)小倉→藤の佑
( 5)序二段146
( 6)昭和53年12月29日
( 7)平成12年 9月
( 8)5勝5敗11休
(10)180cm 79kg
旭陽 直弥
きょくよう なおや
( 1)坂本 直弥
( 2)三重県
( 3)大島[ 2]
( 4)坂本→旭陽
( 5)序二段50
( 6)昭和59年 5月28日
( 7)平成15年 9月
( 8)55勝60敗25休
(10)179cm 97kg
小川 和生
おがわ かずお
( 1)小川 和生
( 2)長野県
( 3)鳴戸[13]
( 5)序二段98
( 6)昭和58年 9月 5日
( 7)平成13年 9月
( 8)19勝17敗20休
(10)184cm 102kg
黒木 勝彦
くろき かつひこ
( 1)黒木 勝彦
( 2)埼玉県
( 3)鳴戸[13]
( 5)三段目27
( 6)昭和59年 6月 1日
( 7)平成16年 9月
( 8)93勝80敗16休
(10)179cm 130kg
(12)小学校では柔道を経験し、中学校 2年生の時に元 花籠部屋の三段目 若ノ富士に紹介されて入門した。
山口 穣
やまぐち じょう
( 1)山口 穣
( 2)埼玉県
( 3)鳴戸[13]
( 5)三段目55
( 6)昭和59年 9月17日
( 8)167勝169敗
(10)183cm 137kg
隆三郷 大吉
たかみさと だいきち
( 1)李 大吉
( 2)埼玉県(出生地は中華人民共和国)
( 3)鳴戸[13]
( 5)三段目28
( 6)昭和58年10月22日
( 7)平成17年 9月
( 8)110勝100敗21休
(10)187cm 115kg
(12)残留孤児として肉親を探す祖母や家族と平成 2年に来日し、移住した。彦糸中学校では陸上部に所属して砲丸投げを経験した。力士を志し、 3年生の時に自宅から近い鳴戸部屋へ稽古に通った。
荒馬強 強
あらうまごう つよし
( 1)鎌倉 強
( 2)茨城県
( 3)伊勢ノ海[11]
( 4)鎌倉→荒馬→鎌倉→荒馬強
( 5)幕下56
( 6)昭和59年10月 5日
( 8)168勝168敗
( 9)突き、押し
(10)179cm 169kg
(12)宍戸小学校の時に友部相撲スポーツ少年団に入って相撲を始め、友部町立友部中学校でも続けた。伊勢ノ海が部屋のつくば後援会会長と共に自宅へ訪ねて来て勧誘され、高校からも勧誘されていたので迷ったが、入門を決意した。
大露羅 満
おおろら みつる
( 1)ミハハノフ アナトーリ ワレリリェチェ
( 2)ロシア連邦
( 3)北の湖
( 5)幕下53
( 6)昭和58年 4月26日
( 8)168勝161敗7休
( 9)左四つ、寄り
(10)194cm 254kg
(12)史上初のロシア出身力士。
紀の川 勝和歌
きのかわ かつわか
( 1)濱田 勝好
( 2)和歌山県
( 3)東関[12]
( 4)濱田→紀の川
( 5)三段目97
( 6)昭和60年 1月17日
( 8)158勝173敗5休
(10)186cm 127kg
(12)紀の川 勝和歌の名は、郷里の近くを流れる紀の川と和歌山県に因んで桂 文福が命名した。
中島 亨
なかじま とおる
( 1)中島 亨
( 2)千葉県
( 3)武蔵川[14]
( 5)序ノ口11
( 6)昭和60年 2月25日
( 7)平成13年 3月
( 8)3勝4敗7休
(10)182cm 145kg
(12)中学校 2年生で本格的に相撲を始め、千葉県大会でも活躍した。複数の部屋から勧誘されたが、平成11年夏の千葉巡業で憧れの雅山に声を掛けられ、入門を決意した。
藤原 優次
ふじわら ゆうじ
( 1)藤原 優次
( 2)滋賀県
( 3)武蔵川[14]
( 5)序二段96
( 6)昭和59年10月22日
( 7)平成15年 1月
( 8)30勝69敗13休
(10)172cm 101kg
瑞宝 雄大
ずいほう ゆうだい
( 1)首藤 雄大
( 2)大分県
( 3)武蔵川[14]
( 4)首藤→瑞宝
( 5)序二段116
( 6)昭和59年 9月24日
( 7)平成13年 3月
( 8)17勝18敗7休
(10)180cm 115kg
(12)首藤の弟。
樹海 宙
たつきうみ ひろし
( 1)澤田 樹
( 2)茨城県
( 3)芝田山[12]
( 4)澤田→樹海
( 5)序ノ口11
( 6)昭和59年 9月 7日
( 7)平成12年 5月
( 8)7休
(10)177cm 105kg
大清水 大介
おおしみず だいすけ
( 1)清水 大介
( 2)東京都
( 3)芝田山[12]
( 4)清水→大清水
( 5)序二段49
( 6)昭和59年11月 2日
( 7)平成14年 1月
( 8)27勝36敗14休
(10)182cm 138kg
(12)趣味は釣り。
熊ノ郷 利彦
くまのさと としひこ
( 1)熊郷 利彦
( 2)兵庫県
( 3)高砂[ 6- 7]
( 5)三段目47
( 6)昭和59年11月22日
( 7)平成17年 9月
( 8)111勝120敗
(10)183cm 114kg
(12)熊郷の弟。
福島 大輔
ふくしま だいすけ
( 1)福島 大輔
( 2)神奈川県
( 3)高砂[ 6- 7]
( 5)序二段55
( 6)昭和59年 5月24日
( 7)平成14年 9月
( 8)41勝43敗14休
(10)176cm 112kg
朝松本 哲也
あさまつもと てつや
( 1)松本 哲也
( 2)岡山県
( 3)若松[11]
( 5)序二段54
( 6)昭和59年12月26日
( 7)平成13年 7月
( 8)22勝22敗14休
(10)178cm 136kg
朝道龍 晴多
あさどうりゅう せいた
( 1)花田 晴多
( 2)宮城県
( 3)若松[11]→高砂[ 7]
( 4)朝花田→朝道龍
( 5)幕下60
( 6)昭和56年 5月23日
( 8)153勝141敗
(10)169cm 106kg
河高 秀彦
かわたか ひでひこ
( 1)河高 秀彦
( 2)広島県
( 3)三保ヶ関[10]
( 5)序二段33
( 6)昭和60年 2月 3日
( 8)126勝154敗14休
(10)177cm 132kg
北剛 勉
きたつよし つとむ
( 1)三浦 勉
( 2)北海道
( 3)二所ノ関[10]
( 5)序二段51
( 6)昭和59年12月 8日
( 7)平成17年 9月
( 8)93勝131敗7休
(10)181cm 118kg
三杉守 知尚
みすぎもり ともなお
( 1)玉城 知尚
( 2)沖縄県
( 3)間垣[18]
( 4)玉城→三杉守
( 5)序二段54
( 6)昭和59年 7月23日
( 7)平成16年 9月
( 8)49勝49敗28休
(10)174cm 81kg
(12)三杉邦の兄(双子)。
屋我知小学校 1年生で相撲を始め、屋我知中学校では野球部に所属したが、自宅の庭に作られた土俵で練習に励み、九州大会にも出場した。
三杉邦 知幸
みすぎくに ともゆき
( 1)玉城 知幸
( 2)沖縄県
( 3)間垣[18]
( 4)若玉城→三杉邦
( 5)序二段41
( 6)昭和59年 7月23日
( 7)平成16年 9月
( 8)44勝42敗40休
(10)174cm 90kg
(12)三杉守の弟(双子)。
屋我知小学校 1年生で相撲を始め、屋我知中学校では野球部に所属したが、自宅の庭に作られた土俵で練習に励み、九州大会にも出場した。
若坂口 和成
わかさかぐち かずなり
( 1)坂口 和成
( 2)佐賀県
( 3)間垣[18]
( 4)坂口→若坂口
( 5)序ノ口29
( 6)昭和59年10月12日
( 7)平成13年 5月
( 8)7勝17敗11休
(10)173cm 107kg
松原 義明
まつばら よしあき
( 1)松原 義明
( 2)千葉県
( 3)中村[10]
( 5)序二段108
( 6)昭和59年12月 1日
( 7)平成13年 9月
( 8)17勝32敗7休
(10)177cm 102kg
田子ノ若 耐輝
たごのわか だいき
( 1)松田 大樹
( 2)大阪府
( 3)田子ノ浦[14]
( 4)松田→田子ノ若
( 5)序二段50
( 6)昭和59年 9月13日
( 7)平成15年 3月
( 8)48勝56敗15休
(10)173cm 104kg
(12)田子ノ若 大将の名は、「田子ノ浦部屋の若大将」の意味を込めて田子ノ浦が命名したが、平成14年 3月場所中に難波で占い師に判断してもらうと最悪の名前と言われたので、田子ノ浦がパソコンの姓名判断ソフトウェアを使って下の名を耐輝と命名し直した。
煙山 薫
けむりやま かおる
( 1)煙山 薫
( 2)埼玉県
( 3)時津風[14]
( 5)序ノ口37
( 6)昭和59年 6月 4日
( 7)平成12年 5月
( 8)7休
(10)181cm 156kg
豊ノ花 三豊
とよのはな みつとよ
( 1)土田 三豊
( 2)新潟県
( 3)時津風[14-15]
( 4)土田→豊ノ花
( 5)三段目56
( 6)昭和59年 9月29日
( 7)平成16年 3月
( 8)81勝73敗14休
(10)178cm 114kg
(12)引退後は家業の居酒屋を経営した。
下田 勇作
しもだ ゆうさく
( 1)下田 勇作
( 2)福岡県
( 3)阿武松[12]
( 5)序二段129
( 6)昭和59年 9月 8日
( 7)平成13年 1月
( 8)9勝13敗13休
(10)178cm 123kg
琴下釜 優也
ことしもがま ゆうや
( 1)下釜 優也
( 2)兵庫県
( 3)佐渡ヶ嶽[12]
( 5)序二段28
( 6)昭和56年12月18日
( 7)平成14年 5月
( 8)31勝32敗14休
(10)172cm 109kg
琴松下 昭男
ことまつした あきお
( 1)松下 昭男
( 2)熊本県
( 3)佐渡ヶ嶽[12]
( 5)序ノ口26
( 6)昭和59年 4月27日
( 7)平成12年11月
( 8)6勝8敗7休
(10)178cm 115kg
東秀 大地
とうしゅう だいち
( 1)柳 大地
( 2)宮崎県
( 3)玉ノ井[13]
( 4)柳→東秀
( 5)序二段101
( 6)昭和57年 3月20日
( 7)平成14年 9月
( 8)39勝52敗7休
(10)177cm 119kg
池田 圭介
いけだ けいすけ
( 1)池田 圭介
( 2)東京都
( 3)玉ノ井[13]
( 5)三段目38
( 6)昭和59年 9月 6日
( 8)157勝158敗7休
(10)181cm 140kg
(12)誠之小学校から文京第六中学校 2年生まではバスケットボールを経験し、音楽活動に打ち込んだ。母の知人からボクシング日本王者を介して栃東を紹介されて入門した。
笹木花 秀人
ささきはな ひでと
( 1)笹木 秀人
( 2)福島県
( 3)玉ノ井[13]
( 4)笹木→笹木花
( 5)序ノ口23
( 6)昭和60年 3月11日
( 7)平成12年 5月
( 8)7休
(10)178cm 110kg
若乃島 史也
わかのしま ふみや
( 1)再田 史也
( 2)鹿児島県
( 3)放駒[17]
( 4)再田→若乃島
( 5)幕下33
( 6)昭和59年 9月28日
( 8)174勝144敗18休
( 9)突き、押し
(10)180cm 142kg
永尚龍 敦史
えいしょうりゅう あつし
( 1)野川 敦史
( 2)福井県
( 3)中立[12]
( 4)野川→永尚龍
( 5)序二段133
( 6)昭和56年 5月11日
( 7)平成13年 5月
( 8)4勝3敗14休
(10)183cm 128kg
(12)福井農林高校では相撲部に所属した。
鶴嶺山 一幸
かくれいざん かずゆき
( 1)前田 一幸
( 2)愛知県
( 3)井筒[14]
( 4)前田→鶴嶺山
( 5)幕下16
( 6)昭和56年 8月29日
( 8)173勝163敗
( 9)押し
(10)180cm 130kg
(12)入門前はサッカーを経験したが、相撲に興味が有り、寺尾に憧れて入門した。
小林 大輔
こばやし だいすけ
( 1)小林 大輔
( 2)福島県
( 3)陸奥[ 9]
( 5)序ノ口35
( 6)昭和58年11月 4日
( 7)平成12年 9月
( 8)1勝3敗10休
(10)174cm 91kg
望櫻 将太
みざくら しょうた
( 1)近藤 将大
( 2)大阪府
( 3)宮城野[10-11]
( 4)近藤→望櫻
( 5)幕下33
( 6)昭和56年12月25日
( 8)163勝138敗28休
( 9)押し
(10)168cm 108kg
(12)栄小学校 3年生で浪速武道館に通って相撲を始め、難波中学校では柔道を経験したが、 3年生で再び相撲を始めた。近畿大学附属高校では相撲部に所属した。
一秦 昌平
かつはた しょうへい
( 1)鈴木 昌平
( 2)大阪府
( 3)宮城野[10-11]
( 4)鈴木山→一秦
( 5)三段目81
( 6)昭和56年 6月22日
( 7)平成17年 1月
( 8)99勝94敗10休
( 9)突き、押し
(10)175cm 134kg
(12)京都学園高校では相撲部に所属した。
一秦の名は郷里に住んでいた豪族の秦氏に因んで知人が命名した。
引退後は俳優に転向した。
杉ノ花 祐也
すぎのはな ゆうや
( 1)森下 祐也
( 2)鹿児島県
( 3)宮城野[10]
( 4)森下→杉ノ花
( 5)三段目15
( 6)昭和59年 4月17日
( 7)平成16年 3月
( 8)85勝69敗14休
( 9)右四つ、寄り
(10)178cm 116kg
栃神山 有司
とちしんざん ゆうじ
( 1)神 有司
( 2)北海道
( 3)春日野[10-11]
( 4)神→栃神山
( 5)序二段43
( 6)昭和59年 8月28日
( 7)平成16年 9月
( 8)66勝111敗14休
( 9)押し
(10)174cm 136kg
(12)中学校ではサッカー部に所属したが、 1年生の時に母が経営する店で遊んでいると、別の青果市場に行く予定だったがタクシーの運転手に間違えて送られて来て偶然に母の店に立ち寄った栃ノ山に見出された。話を聞いた千賀ノ浦が翌日に訪ねて来て勧誘され、入門した。
佐藤 貴宏
さとう たかひろ
( 1)佐藤 貴宏
( 2)青森県
( 3)[22]
( 5)序ノ口36
( 6)昭和60年 1月16日
( 7)平成13年 3月
( 8)25敗10休
(10)177cm 95kg
若泰山 寿志
わかたいざん ひさし
( 1)大山 寿志
( 2)鹿児島県
( 3)松ヶ根[ 9]
( 4)若大山→若泰山
( 5)三段目60
( 6)昭和59年10月 7日
( 8)158勝147敗31休
( 9)突き、押し
(10)184cm 136kg
(12) 5歳でサッカーを始め、吹上中学校ではゴールキーパーを務めて日置郡大会で優勝した。
平成12年 5月 初土俵
千代錦 充斉
ちよにしき みつなり
( 1)平田 三斉
( 2)熊本県
( 3)九重[13]
( 4)平田→千代錦
( 5)三段目32
( 6)昭和57年 4月 2日
( 8)109勝50敗107休
( 9)押し
(10)176cm 127kg
(12)小学校から柔道を始め、九州学院中学校では九州大会で優勝し、全国中学校選手権大会でも重量級で 3位に入賞した。九州学院高校に進学したが右膝の十字靱帯を損傷して休んだ。柔道では身を立てられないと考え、 2年生で中途退学して入門した。
高山崎 祐介
たかやまざき ゆうすけ
( 1)崎 祐介
( 2)大阪府
( 3)高砂[ 6]
( 5)序ノ口37
( 6)昭和59年 9月17日
( 7)平成12年 9月
( 8)2勝5敗7休
(10)187cm 123kg
原田 大輔
はらだ だいすけ
( 1)原田 大輔
( 2)兵庫県
( 3)陸奥[ 9]
( 5)序二段113
( 6)昭和57年10月 5日
( 7)平成14年 5月
( 8)23勝42敗12休
(10)172cm 80kg
(12)福知山商業高校では柔道と空手を経験し、柔道は小内刈りを得意として初段の腕前で兵庫県大会にも出場した。テレビで陸奥部屋の特集番組を見て入門を決意し、テレビ局に電話で部屋の電話番号を問い合わせたが教えてもらえず、日本相撲協会に電話して聞き出した。平成12年 1月の終わりに電話し、中途退学して入門した。
隆の矢 紀計
たかのや のりかず
( 1)奥村 紀計
( 2)福井県
( 3)鳴戸[13]
( 4)奥村→隆の矢
( 5)三段目43
( 6)昭和59年 8月22日
( 7)平成20年 7月
( 8)161勝168敗14休
(10)177cm 109kg
(12)弓の里の弟。
日本人形師の二男。
隆の矢の名は「兄である弓の里と弓矢の様に力を合わせて最強の兄弟力士になってくれ」との願いと隆の里に因んで鳴戸が命名した。
三池山 孝紘
みいけざん たかひろ
( 1)石橋→北村 孝紘
( 2)福岡県
( 3)松ヶ根[ 9]
( 4)石橋→三池山
( 5)序二段108
( 6)昭和59年 6月 9日
( 7)平成13年11月
( 8)21勝35敗7休
(10)169cm 138kg
(12)旭竜神の異父弟。
小学校では柔道を経験し、若松に勧誘されたり春日野部屋を見学に行ったりしたが、入門する気は無かった。米生中学校では、父の知人が小学校の土俵で運営する道場で相撲を経験し、その知人に勧められて平成12年 4月の下旬に松ヶ根部屋へ見学に行き、雰囲気が気に入って入門した。
引退後は郷里に戻り、異父兄の跡を継いで暴走族を率い、異父兄と共に、何度も暴力事件を起こした。16年 9月25日に友人一家 4人に関する死体遺棄罪の容疑で一家揃って逮捕された。11月には拘置先の筑紫野署で大量の塵紙を飲み込んで自殺を図った。18年10月17日に福岡地方裁判所で母と共に死刑判決を受けた。
若田中 健太
わかたなか けんた
( 1)田中 健太
( 2)京都府
( 3)間垣[18]
( 4)田中→若田中
( 5)序二段85
( 6)昭和59年10月30日
( 7)平成13年 9月
( 8)19勝23敗14休
(10)180cm 124kg
(12)中学校では野球・ラグビー・ボクシング(塚原ジム)を経験し、親が間垣の知人だった縁で入門した。
阿蘇ノ国 晃一
あそのくに こういち
( 1)坂本 晃一
( 2)熊本県
( 3)芝田山[12]
( 4)坂本→阿蘇ノ国
( 5)序ノ口28
( 6)昭和56年 7月22日
( 7)平成12年11月
( 8)6勝8敗7休
(10)173cm 105kg
(12)力士を志したが、中学校では水泳を経験し、卒業する時に機を逸した。高校を卒業する時も伝が無かったので就職を考えたが、テレビ番組での芝田山の新弟子募集に応募して入門した。
杉本 裕太
すぎもと ゆうた
( 1)杉本 裕太
( 2)京都府
( 3)芝田山[12]
( 5)未出世
( 6)昭和59年 7月16日
( 7)平成12年 7月
(10)180cm 83kg
(12)日新中学校ではバスケットボール部に所属し、郡大会で優勝した。相撲雑誌を見て芝田山部屋に連絡して入門した。
井山 裕聖
いやま ゆうせい
( 1)井山 裕聖
( 2)熊本県
( 3)八角[ 8]
( 5)序ノ口 2
( 6)昭和59年11月 9日
( 7)平成13年 3月
( 8)8勝13敗7休
(10)187cm 116kg
平成12年 7月 初土俵
小田原 覚
おだわら さとる
( 1)小田原 覚
( 2)大分県
( 3)春日野[10]
( 5)序二段110
( 6)昭和58年12月 9日
( 7)平成13年 5月
( 8)18勝17敗
(10)173cm 130kg
下西 俊輔
しもにし しゅんすけ
( 1)下西 俊輔
( 2)宮崎県
( 3)尾車[ 8]
( 5)序ノ口44
( 6)昭和53年 8月17日
( 7)平成13年 1月
( 8)7休
(10)192cm 108kg
首藤 貴史
しゅとう たかし
( 1)首藤 貴史
( 2)大分県
( 3)武蔵川[14]
( 5)序二段108
( 6)昭和55年10月 4日
( 7)平成13年 3月
( 8)11勝10敗7休
(10)186cm 109kg
(12)瑞宝の兄。
小学校でハンドボールを始め、情報科学高校ではゴールキーパーとして全国高校総合体育大会と国民体育大会で準優勝し、ジュニア代表にも選ばれた。しかし 3年生の 2学期に中途退学し、土木作業に従事した。が入門し、母を助ける為に入門した。
濱本 貴浩
はまもと たかひろ
( 1)濱本 貴浩
( 2)岩手県
( 3)阿武松[12]
( 5)序二段115
( 6)昭和54年 6月13日
( 7)平成13年 7月
( 8)14勝7敗14休
(10)191cm 151kg
平成12年 9月 初土俵
栃大友 渉
とちだいゆう わたる
( 1)兒玉 渉
( 2)大分県
( 3)春日野[10-11]
( 4)兒玉→栃大友
( 5)序二段 5
( 6)昭和58年 7月28日
( 7)平成17年 1月
( 8)85勝83敗14休
( 9)突き、押し
(10)172cm 132kg
(12)相撲好きだった祖父の影響で相撲に興味を持ち、千代大海に憧れた。大野町立野津中学校では柔道部に所属し、小田原は同級生だった。大分県立三重高校でも柔道部に所属し、体落としを得意として初段の腕前だったが、小田原の入門に触発され、色々と話を聞いて入門を決意し、 2年生の 1学期で中途退学して入門した。
趣味は睡眠。
平成12年11月 初土俵
保志桜 有太
ほしざくら あるた
( 1)ミャグマル アルタンゲレル
( 2)モンゴル国
( 3)八角[ 8]
( 5)幕下12
( 6)昭和59年 1月 6日
( 8)155勝115敗39休
( 9)突き、押し
(10)182cm 133kg
(12)チベット仏教僧を志していたが、八角がモンゴルで新弟子を募集した時に参加し、ムンフオルギルハグワーと共に選ばれ、平成12年 8月に来日した。
保志桜の名は、八角の本名の姓に因んで八角が命名した。
大廣田 直紀
おおひろた なおのり
( 1)廣田 直紀
( 2)千葉県
( 3)芝田山[12]
( 4)廣田→大廣田
( 5)序ノ口34
( 6)昭和55年 9月28日
( 7)平成13年 1月
( 8)7休
(10)174cm 77kg
(12)安田学園高校で相撲を経験し、芝田山のテレビ番組での新弟子募集を見て入門を決意した。
寺本 一
てらもと はじめ
( 1)寺本 一
( 2)大阪府
( 3)大鵬
( 5)序二段133
( 6)昭和55年11月12日
( 7)平成13年 7月
( 8)7勝15敗6休
(10)171cm 103kg
崎
かわさき さとる
( 1)崎
( 2)京都府
( 3)三保ヶ関[10]
( 5)序ノ口36
( 6)昭和56年 6月 8日
( 7)平成13年 3月
( 8)7休
(10)173cm 85kg
(12)高校を卒業して様々な職を経験したが、知人に紹介してもらって入門した。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。