垣添 徹(かきぞえ とおる)

本名垣添 徹生年月日昭和53年 8月12日
出身地大分県宇佐市初土俵平成13年 9月 幕下
所属武蔵川[14]→藤島[18]新十枚目平成15年 3月
 新入幕平成15年 9月
最高位小結最終平成24年 5月
幕内略歴 垣添 徹(かきぞえ とおる)
平成15年 9月 東前11  8勝 7敗
平成15年11月 西前 8  8勝 7敗
平成16年 1月 東前 5 11勝 4敗 
平成16年 3月 東小結  6勝 9敗
平成16年 5月 西前 2  6勝 9敗
平成16年 7月 西前 5  7勝 8敗
平成16年 9月 西前 6 10勝 5敗
平成16年11月 東前 2  6勝 9敗
平成17年 1月 西前 4  8勝 7敗
平成17年 3月 西前 2  6勝 9敗
平成17年 5月 西前 5  9勝 6敗
平成17年 7月 東前 1  7勝 8敗
平成17年 9月 東前 2  7勝 8敗
平成17年11月 西前 2  4勝11敗
平成18年 1月 西前 7  8勝 7敗
平成18年 3月 東前 6  9勝 6敗
平成18年 5月 西前 1  6勝 9敗
平成18年 7月 西前 3  4勝11敗
平成18年 9月 西前 8  9勝 6敗
平成18年11月 西前 4  6勝 9敗
平成19年 1月 東前 9  8勝 7敗
平成19年 3月 西前 6  8勝 7敗
平成19年 5月 東前 3 12敗 3休(右膝半月板断裂)
平成19年 7月 東前16  6勝 9敗
平成19年 9月 西前16  9勝 6敗
平成19年11月 東前14  9勝 6敗
平成20年 1月 東前11  6勝 9敗
平成20年 3月 西前14  8勝 7敗
平成20年 5月 東前13  6勝 9敗
平成20年 7月 西前15  7勝 8敗
平成20年 9月 西前16 10勝 5敗
平成20年11月 西前 8  5勝10敗
平成21年 1月 西前12  8勝 7敗
平成21年 3月 東前12  7勝 8敗
平成21年 5月 西前14  8勝 7敗
平成21年 7月 西前 8  6勝 9敗
平成21年 9月 東前11  9勝 6敗
平成21年11月 西前 5  8勝 7敗
平成22年 1月 東前 4  6勝 9敗
平成22年 3月 西前 7  7勝 8敗
平成22年 5月 東前 8  7勝 8敗
平成22年 7月 西前 9  3勝12敗
平成22年 9月 西前15  3勝12敗


通算 43場所 299勝343敗3休 技1
得意手突き、押し身長 体重178cm 140kg
年寄名押尾川[21] 
備考林業「垣添産業」の長男で、糸口小学校では わんぱく相撲に出場したが北部中学校 1年生から本格的に相撲を始め、 3年生の時に全国中学校相撲選手権大会で優勝した。陸上部にも所属して100m走で活躍した。宇佐産業科学高校を経て日本体育大学へ進学し、 4年生の時に国民体育大会の成年Aの部や全国学生相撲選手権大会で優勝して、子供の時からの夢を叶えるべく入門した。平成12年 9月に改定された幕下附け出し規定が初めて適用された力士で、13年 3月に初土俵を踏む予定だったが、12年12月の世界相撲選手権大会で左膝前十字靱帯を断裂して手術に踏み切ったので大幅に遅れて 9月に初土俵を踏んだ。初土俵の延期に対応する形で幕下附け出し資格の有効期間に関する規定も 2月に「優勝の当該年度」から「優勝日から 1年以内」に変更された。
頑固な性格。
立ち合いに鋭く当たってから突きや押しで動き回って攻める取り口。
趣味は音楽鑑賞とサウナ入浴。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。