岩木山 竜太(いわきやま りゅうた)

本名對馬 竜太生年月日昭和51年 3月 2日
出身地青森県弘前市(旧 青森県中津軽郡)初土俵平成12年 7月 幕下
所属中立[12]→境川[13]新十枚目平成14年 3月
改名歴對馬→岩木山新入幕平成14年11月
最高位小結最終平成22年 9月
幕内略歴 岩木山 竜太(いわきやま りゅうた)
平成14年11月 西前11 10勝 5敗 
平成15年 1月 西前 5  7勝 8敗
平成15年 3月 東前 6  6勝 5敗 4休(腰椎捻挫)
平成15年 5月 西前 9  7勝 8敗
平成15年 7月 東前10  8勝 7敗
平成15年 9月 東前 5 11勝 4敗 次技
平成15年11月 西小結  6勝 9敗
平成16年 1月 東前 2  6勝 9敗
平成16年 3月 西前 5  7勝 8敗
平成16年 5月 西前 6 10勝 5敗
平成16年 7月 西前 1  7勝 8敗
平成16年 9月 東前 2  7勝 8敗 (朝青龍)
平成16年11月 東前 3  9勝 6敗
平成17年 1月 東前 1  8勝 7敗
平成17年 3月 東小結  4勝11敗
平成17年 5月 西前 4  5勝10敗
平成17年 7月 西前 8  9勝 3敗 3休(左肩鎖関節挫傷・腱板挫傷)
平成17年 9月 東前 4  7勝 8敗
平成17年11月 西前 4  7勝 8敗
平成18年 1月 東前 5  8勝 7敗
平成18年 3月 西前 3  4勝11敗
平成18年 5月 東前 9  7勝 8敗
平成18年 7月 西前10  9勝 6敗
平成18年 9月 西前 5 10勝 5敗
平成18年11月 西前 1  2勝13敗
平成19年 1月 東前10  7勝 8敗
平成19年 3月 東前11  5勝10敗
平成19年 5月 西前15  6勝 9敗

平成19年 9月 東前10  4勝11敗

平成20年 1月 東前13  9勝 6敗
平成20年 3月 東前 9  7勝 8敗
平成20年 5月 東前11  8勝 7敗
平成20年 7月 西前 9  8勝 7敗
平成20年 9月 東前 7  1勝 2敗12休(右足関節外側靱帯損傷)

平成21年 1月 東前11  8勝 7敗
平成21年 3月 東前10  8勝 7敗
平成21年 5月 東前 8  9勝 6敗
平成21年 7月 東前 3  5勝10敗
平成21年 9月 東前 8  8勝 7敗
平成21年11月 西前 4  2勝13敗
平成22年 1月 東前14  9勝 6敗
平成22年 3月 東前 8  8勝 7敗
平成22年 5月 東前 5 15休    (小脳梗塞)


通算 43場所 293勝318敗34休 次1敢1技1金1
得意手押し、左四つ、寄り身長 体重185cm 179kg
年寄名関ノ戸[18] 
備考岩木小学校 1年生から 3年生まで校内相撲大会で優勝し、 3年生で相撲部に入って本格的に始め、 4年生から相撲道場に通って稽古した。津軽中学校でも相撲部に所属した。卒業時に 3つの相撲部屋から勧誘され、力士に憧れていたので乗り気だったが、父に「高校だけは行っておけ」と言われて青森県立弘前実業高校へ進学した。当初は右四つで寄る取り口だったが監督の指導で突っ張りを覚えさせられ、実力を伸ばし始めた。 3年生の時に或る部屋から勧誘されて両親も勧めたが、厳しい稽古や上下関係を経験したので憧れでは務まらないと考えて憧れは無くなっていたので大学進学を志望した。監督からは日本大学への進学を強く勧められたが、東京は住む所でないと思っていて憧れは無く「青森県は高校相撲では強豪校が揃っているのに大学となるとさっぱりだ。青森大へ進学して名前を高めるんだ」と言い張って断った。 4年生で主将に選ばれたが願いは叶わず個人戦でも団体戦でも余り活躍できなかった。卒業した後は大学から勧誘されて青森山田学園の寮で職員を務め、社会人として国民体育大会や全国教職員選手権で活躍したが、平成12年 2月に高校の同級生が交通事故で没したのを機に「 1度しか無い人生だから今できる事をやっておこう、最高の檜舞台で相撲を取って彼に喜んでもらいたい」と入門を考え始め、 4月末に高校時代の相撲部監督の弟と偶然に青森空港で会って元 舞の海を紹介され、入門について相談すると中立部屋を紹介してもらったので、 6月に退職して入門した。
岩木山の名は郷里の岩木町と名峰の岩木山に因んで中立が命名した。
体格を生かして攻める大きな取り口。
平成14年10月末に中立と青森へ行って大学関係者と会った時に大学の理事長から大学院進学を勧められ、中立も賛成したので、15年に青森大学大学院の環境科学研究科環境教育学専攻を受験して合格し、史上初の現役大学院生力士として話題に上った。
趣味は音楽鑑賞・競馬研究。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲・記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。