大乃国 康(おおのくに やすし)

本名青木 康生年月日昭和37年10月 9日
出身地北海道河西郡初土俵昭和53年 3月
所属花籠[11]→放駒[17]新十枚目昭和57年 3月
改名歴青木→大ノ国→大乃国新入幕昭和58年 3月
最高位横綱最終平成 3年 7月
幕内略歴 大ノ国 康(おおのくに やすし)
昭和58年 3月 西前 9  8勝7敗
昭和58年 5月 西前 2  6勝9敗
昭和58年 7月 東前 5  8勝7敗
昭和58年 9月 西小結  6勝9敗
昭和58年11月 東前 3 10勝5敗 殊金(北の湖千代の富士隆の里)
昭和59年 1月 東関脇  9勝6敗 
大乃国 康(おおのくに やすし)
昭和59年 3月 東関脇 10勝5敗 殊敢
昭和59年 5月 東関脇  6勝9敗
昭和59年 7月 東前 1 10勝5敗 殊金(隆の里)
昭和59年 9月 西関脇 10勝5敗
昭和59年11月 東関脇  8勝7敗
昭和60年 1月 東関脇  9勝6敗
昭和60年 3月 西関脇  9勝6敗
昭和60年 5月 東関脇 10勝5敗 
昭和60年 7月 東関脇 12勝3敗 次敢
昭和60年 9月 西大関 12勝3敗 
昭和60年11月 東大関 11勝4敗
昭和61年 1月 西大関 12勝3敗 
昭和61年 3月 東大関  9勝6敗
昭和61年 5月 西張大 11勝4敗
昭和61年 7月 西大関  9勝6敗
昭和61年 9月 西大関  8勝7敗
昭和61年11月 東張大 10勝5敗
昭和62年 1月 東大関  9勝6敗
昭和62年 3月 東張大  9勝6敗
昭和62年 5月 西大関 15勝  
昭和62年 7月 東大関 12勝3敗 
昭和62年 9月 東大関 13勝2敗 
昭和62年11月 西横綱  8勝7敗
昭和63年 1月 西張横  5勝5敗 5休(肝機能障害)
昭和63年 3月 東張横 13勝2敗 
昭和63年 5月 西横綱 11勝4敗
昭和63年 7月 東張横 12勝3敗 
昭和63年 9月 西横綱  8勝7敗
昭和63年11月 西横綱 11勝4敗
平成元年 1月 西横綱 11勝4敗 
平成元年 3月 東張横 12勝3敗
平成元年 5月 西横綱 12勝3敗 
平成元年 7月 西横綱  1勝4敗10休(右膝関節内障(内側側副靱帯及び内側半月板損傷))
平成元年 9月 東張横  7勝8敗
平成元年11月 東張横 15休    (右膝靱帯及び半月板損傷)
平成 2年 1月 東張横  8勝7敗
平成 2年 3月 東張横 15休    (左足関節脛腓靱帯断裂・左脛骨後顆骨折)
平成 2年 5月 東張横 15休    (同上)
平成 2年 7月 東張横 15休    (同上)
平成 2年 9月 西張横 15休    (同上)
平成 2年11月 西張横 10勝5敗
平成 3年 1月 東張横 10勝5敗
平成 3年 3月 東張横 12勝3敗 
平成 3年 5月 西横綱 15休    (右脹脛化膿性蜂窩織炎)
平成 3年 7月 東張横  4勝5敗  (引退)


通算 51場所 426勝228敗105休 優2次9殊5敢2金4
得意手右四つ、寄り、上手投げ身長 体重189cm 211kg
年寄名大乃国→芝田山[12] 
備考牧畜と農業を営む家の長男で、 2歳で東北海道の健康優良児として表彰された。美生小学校では通学が大変だったが自然と足腰が鍛えられ、勉強は余り得意ではなかったがスポーツは得意で、離農者の多さから生徒数が少なく部活動はできなかったが野球・水泳・スキー・スケートで体を動かし、特にスキーが得意で 6年生で 3級を取得した。芽室中学校では個人競技と体を生かせるとの理由で柔道部に所属し、 2年生で芽室町の学年別大会で優勝し、 3年生では全十勝中体連大会や北北海道大会で優勝した。又、体の大きさを見込まれて陸上競技大会に出場させられ、 1回も練習していない砲丸投げで優勝する活躍で東海大学附属第四高校から勧誘され、自信も附けていたので乗り気だったが、夏に町で行われた巡業を柔道部全員で見学の形で見に行った時に成り行きで廻しを着けさせられて相撲を取らされた。見出した同郷の元 若十勝魁傑に連絡し、訪ねて来た魁傑から勧誘された。親族会議も開かれたが、進学を決めているので逃げ回り、「とにかく部屋見学でも」と誘われて仕方無く 4泊 5日で部屋へ行くと、東京見物をさせてもらって小遣いを貰い、靴も買ってもらったので気持ちが揺らぎ始めた。翌年の願書締め切り日の前日に魁傑から電話で「色々考えたろうけど、柔道じゃ飯が食えないよ」と言われて入門を決意した。
大ノ国の名は、大ノ海と雄大な十勝平野に因んで花籠が命名した。
堂々たる体格で常陸山に喩えられる程に期待されたが性格が大人し過ぎ、体重超過が原因の無呼吸症候群や治療の為に行った減量の失敗や負傷も重なって余り活躍できなかった。
巨躯を生かして寄る取り口で、入幕した時から体重が増加して良い相撲が目立ち始め、上位に強く下位に取り零したが相四つの力士には強かった。
大関推挙伝達式での口上は「大関の本分を守り、稽古に精進し、今後とも皆様の御指導を宜しくお願い致します」。
昭和62年 7月千秋楽は下駄を履いて場所入りして負けたので、翌場所は雨の日も雪駄を履き通した。
昭和62年10月に横綱に推挙された。昭和時代で最後の横綱。後に史上初めて体重が200kgを超したり、15日制で初めて皆勤して負け越した横綱として話題に上った。
昭和62年11月は実際の体重が220kg近くに達していて腰痛も患ったので、場所後は稽古後に腹筋と背筋運動を行い、食事は牛乳500ccと野菜少々だけにして 3週間で20kgも減らしたが、63年 1月の横綱審議委員会稽古総見では呆気無く土俵を割る場面が多く、本場所でも不調で途中休場に追い込まれて失敗に終わり、最終的には28歳の若さで引退した。
思い出に残る取組として、昭和58年 5月10日目に隆の里に勝って初めて上位陣に勝った取組を挙げた。
横綱推挙伝達式での口上は「これからも初一念を忘れずに精進努力し、また健康に注意し、横綱を一生懸命務めます」。
特技は料理で、特に甘い物好きが高じて菓子作りに力を入れており、平成18年 9月には「第62代横綱大乃国の全国スイーツ巡業」を著した。
「負けるも勝ち」を著した。
日本相撲協会の大乃国のページ

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。