両國 梶之助(りょうごく かじのすけ)

本名西村→伊藤 勇治郎生年月日明治25年 3月18日
出身地秋田県大仙市(旧 秋田県仙北郡)初土俵明治42年 6月 新序
所属入間川[10-11]→出羽ノ海(出羽海)[ 4- 6]、朝日山(大阪)[11]新十枚目大正 2年 1月
改名歴枩ヶ嵜→両國新入幕大正 3年 5月
最高位関脇最終大正13年 1月
幕内略歴 両國 勇治郎(りょうごく ゆうじろう)
大正 3年 5月 東前14  9勝1休(寒玉子の休場)
両國 梶之助(りょうごく かじのすけ)
大正 4年 1月 東前 3  7勝2敗1分
大正 4年 6月 東関脇  4勝5敗1休
大正 5年 1月 東前 2  8勝2敗
大正 5年 5月 東前 1  5勝4敗1預
大正 6年 1月 西小結  6勝4敗
大正 6年 5月 西関脇  5勝4敗1分
大正 7年 1月 東張関  3勝7敗
大正 7年 5月 東前 3 10休
大正 8年 1月 東前 8  7勝2敗1休
大正 8年 5月 東前 4  2勝3敗5休
大正 9年 1月 東前 8  7勝3敗
大正 9年 5月 西前 3  7勝3敗
大正10年 1月 西前 1  8勝2敗
大正10年 5月 東小結  3勝6敗1休
大正11年 1月 東前 3  1勝9敗
大正11年 5月 西前 6  3勝7敗
大正12年 1月 東前10  6勝4敗
大正12年 5月 西前 2  1勝5敗5休
大正13年 1月 西前 8 10休


通算 20場所 92勝72敗2分1預34休
得意手左四つ、櫓投げ、内掛け、小手投げ、掛け投げ身長 体重173cm 90kg
年寄名武隈[ 9]没年月日昭和35年 8月10日(68歳)
備考巡業に来た入間川に見出されて入門した。
色白で均整の取れた筋肉質の体格に美男で人気が有った。
小兵だが怪力で足腰が粘り強く、稽古場では大錦も勝てない程で、体質と土俵度胸を生かして大技を振う派手な取り口は天才肌で美貌と相俟って人気が有ったが、拘り過ぎて思わぬ相手に負けた。
幕下だった明治44年 6月後に大阪相撲へ脱走したが、間も無く復帰した。
新入幕で最優秀成績を挙げ、優勝掲額と優勝旗手の栄誉に浴した。
引退後に出羽海との関係が悪化し、独立して部屋を設立して立浪一門に転属した。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。