鬼面山 谷五郎(きめんざん たにごろう)

本名田中 新一生年月日文政 9年( 8年?12年?)
出身地岐阜県養老郡(旧 美濃国多芸郡)初土俵嘉永 5年閏 2月 二段目
所属武隈[ 5]→鬼面山 
改名歴濱いかり→弥高山→鬼面山新入幕安政 4年正月
最高位大関(横綱免許)最終明治 3年11月
幕内略歴 鬼面山 谷五郎(きめんざん たにごろう)
安政 4年正月 東前 7     4勝3敗1休
安政 4年11月 東前 4     6勝2敗2休
安政 5年正月 東前 2     8勝2休
安政 5年11月 東前 1     江戸で大火事が発生した為に中止
安政 6年正月 東小結     8勝1預1休
安政 6年11月 東小結     6勝2敗2休
萬延元年 3月 東小結     8勝1敗1休
萬延元年10月 東小結     6勝1休
萬延 2年 2月 東小結     3勝1敗1預5休
文久元年10月 東小結     6勝1敗3休
文久 2年 3月 東小結     6勝1敗1分2休
文久 2年11月 東関脇     6勝3敗1休
文久 3年 8月 東関脇     7勝1分1預1休
文久 3年11月 東関脇     7勝2分
元治元年 5月 東関脇     5勝2分3休
元治元年10月 東関脇     5勝3敗2休
元治 2年 2月 東関脇     5勝2敗1預2休
慶應元年11月 東大関     4勝3分1預2休
慶應 2年 3月 東大関     7勝1分1預1休

慶應 3年 4月 東張出(小結?)  5勝3分1預1休
慶應 3年11月 東張出(小結?)  4勝1分5休(徳島藩の抗議行動に追随)
慶應 4年 7月 西大関     1勝2敗1預6休
明治元年11月 西大関     9勝1休
明治 2年 4月 西大関     7勝2敗1休
明治 2年11月 西大関     6勝2分2休
明治 3年 4月 西大関     4勝1敗5休
明治 3年11月 西大関     10休


通算 27場所 143勝24敗16分8預63休
得意手右四つ、寄り、上手投げ身長 体重186cm 140kg
年寄名鬼面山没年月日明治 4年 7月23日
備考嘉永 5年11月〜安政 3年正月は姫路藩の抱え、安政 4年正月以降は徳島藩の抱え。
実家は農家で、石運びの人足として奉公に出てから力士に転向した。
力感に溢れる体格で古武士の風格を具えた。
「負けるのが恐ろしいと言って仕掛けないのは相撲の常道ではない」を身上として強引にでも仕掛ける取り口だったので不覚を取ったりもしたが、「勝負は時の運だから、負けて腹を立てたり勝って喜んでいては天下の力士に成れない」と全く後悔しなかった。
慶應 3年 4月 7日目に徳島藩から松江藩を経て鹿児島藩に抱えが変わった陣幕と初めて対戦したが、実力者同士の取組なので相撲場は朝から超満員、抱え変えの感情の拗れからか土俵下には両藩の家臣達が押っ取り刀で構える殺気立った取組だった。立ち合って攻防の後に左四つで動きが止まり、緊張からか両者だけでなく取組を裁く行司 式守 伊之助[ 6]の顔色も変わる有様だった。結局は水入りの末に引き分けた。
明治 2年 2月に吉田司家から横綱免許を授与された。明治時代で最初の横綱。
稽古熱心で、片足で立ったまま馬子唄を唄いながら小柳に胸を貸していた。
無欲で温厚な性格で、郷里に父の墓碑を建立したりして人々に徳を讃えられた。女性も近づけず、下戸だったので稽古後に大好物の蛤の剥き身を200文も買わせ、ちゃんこにして弟子達と食べるのを無上の楽しみにした。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。