不知火 光右エ門(しらぬい こうえもん)

本名原野→近久 峰松生年月日文政 8年 3月
出身地熊本県菊池郡(旧 肥後国合志郡)初土俵嘉永 3年11月 二段目
所属(大坂)[10-11]、境川[ 3- 6] 
改名歴殿→不知火新入幕安政 3年11月
最高位大関(横綱免許)最終明治 2年11月
幕内略歴 殿 勝五郎(しんがり かつごろう)
安政 3年11月 西前 7  5勝1預4休
不知火 光右エ門(しらぬい こうえもん)
安政 4年正月 西前 6  2勝2敗2分2預
安政 4年11月 西前 4  4勝2敗1分2預1休
安政 5年正月 西前 3  5勝2敗1分2休
安政 5年11月 西前 1 江戸で大火事が発生した為に中止
安政 6年正月 西関脇  4勝2敗2分1預1休
安政 6年11月 西小結  6勝1敗1分2休
萬延元年 3月 西小結  8勝1分1休
萬延元年10月 西関脇  3勝3敗1休
萬延 2年 2月 西関脇  4勝2敗4休
文久元年10月 西関脇  6勝1敗1預2休
文久 2年 3月 西大関  4勝1敗1分4休(小柳の事件で出場辞退)
文久 2年11月 西大関  5勝3敗1分1休
文久 3年 8月 西大関  4勝2敗1預3休
文久 3年11月 西大関 10休
元治元年 5月 西大関  7勝1敗2休
元治元年10月 西大関  7勝1分1預1休
元治 2年 2月 西大関  1勝1分8休
慶應元年11月 西大関  6勝1敗2分1休
慶應 2年 3月 西大関  6勝2敗2休
慶應 2年11月 東大関  6勝1敗3休
慶應 3年 4月 東大関  7勝1敗2休
慶應 3年11月 東大関  2勝2敗1分5休
慶應 4年 7月 東大関  6勝1敗3休
明治元年11月 東大関  5勝3敗2休
明治 2年 4月 東大関  6勝2敗2休
明治 2年11月 東大関 10休


通算 27場所 119勝35敗15分9預77休
得意手右四つ、寄り身長 体重177cm 120kg
年寄名不知火(大阪)[ 2]没年月日明治12年 2月24日(53歳)
備考熊本藩の抱え。
二段目 甲の婿。
農家の二男で、祖父の儀右衛門は土地相撲の大関を務め、彼も16歳で同じく務めていた。
文久 3年10月に吉田司家から横綱免許を授与された。土俵入りは「白鶴の翼を張れる如し」と形容される程に見事だったと伝わる。
離れても組んでも取れる名人型の取り口で、特に右を差すと鋭い出足を生かして強味を発揮し、俊敏さを生かした変化技も繰り出した。慶應 3年 4月 4日目に足取り名人の両國の足を取って勝ったが、これは花柳界で「足を取る相撲上手の両國関も足を取られてすってんころりん」と唄われた。
色白の美男、柔軟性が有り均整の取れた体格で、華麗さを具えたので大変に人気が有り、彼の錦絵は婦女子に飛ぶ様に売れた。
常に髷を櫓落としに結って貫禄を示していた。
引退後に大阪へ戻って明治 3年 3月〜 6年 7月は横綱土俵入りのみを勤務した。
書を能くし、弓術や槍術にも秀でていた。
妻は貞女の誉れ高く、本場所が始まると本所の自宅から浅草蔵前不動尊へ日参して夫の勝利を祈願した。弟子の面倒見も良かった。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。