雲龍 久吉(うんりゅう ひさきち)

本名塩塚 久吉→佐藤 喜太郎生年月日文政 5年 9月
出身地福岡県柳川市(旧 筑後国山門郡)初土俵弘化 4年11月 二段目
所属陣幕(大坂)[ 6]、追手風[ 4]→[ 8]→追手風[ 4]新入幕嘉永 5年閏 2月
最高位大関(横綱免許)最終元治 2年 2月
幕内略歴 雲龍 久吉(うんりゅう ひさきち)
嘉永 5年閏 2月 東前 7  8勝1分1休
嘉永 5年11月  東前 3  7勝1敗1分1休
嘉永 6年 2月  東前 2  6勝1分1預2休
嘉永 6年11月  東前 1  8勝2休
嘉永 7年 4月  東小結  3勝3敗3分1休
嘉永 7年11月  東小結  5勝1敗2分1預1休
安政 2年 2月  東小結 回向院が焼失した為に中止
安政 3年正月  東小結  4勝1敗1預4休
安政 3年11月  東関脇  9勝1休
安政 4年正月  東関脇  7勝1敗
安政 4年11月  東関脇  7勝1敗1預1休
安政 5年正月  東大関  5勝2敗3休
安政 5年11月  東大関 江戸で大火事が発生した為に中止
安政 6年正月  東大関  5勝2敗3休
安政 6年11月  東大関  3勝1敗1分1預4休
萬延元年 3月  東大関  5勝2敗2分1休
萬延元年10月  東大関  5勝1敗1休
萬延 2年 2月  東大関  3勝1敗6休
文久元年10月  東大関  7勝2敗1休
文久 2年 3月  東大関  6勝2敗2休
文久 2年11月  東大関  6勝1敗1分2休
文久 3年 8月  東大関  4勝3敗3休
文久 3年11月  東大関  5勝1敗2分1休
元治元年 5月  東大関  5勝3敗1分1休
元治元年10月  東大関  4勝3敗3休
元治 2年 2月  東大関 10休


通算 26場所 127勝32敗15分5預55休
得意手寄り身長 体重179cm 135kg
年寄名追手風[ 5]没年月日明治23年 6月15日(67歳)
備考柳河藩の抱え。入幕した頃に加賀藩から抱えたいとの意向が伝えられたが、「国の藩主 立花様でなければ主人としたくない」と断ったので、これを伝え聞いた立花家では藩の印紋を附けた化粧廻しを贈り、20俵の扶持で抱えたと伝わる。
追手風の夫婦養子、十枚目 増位山の養父(後に離縁)、小野川の義兄弟、相武山の義理の大伯父。
半農半漁を営む家の長男に生まれたが、天保 4年に疫病で両親や祖母を失い、生来の怪力で大人に交じって力仕事をして幼い弟 2人と妹 1人を苦労しながら養った。土地相撲でも活躍し、頭取の小櫻(元 京都力士と伝わる)や三池郡の簑嶋に指導を受けた。元力士の朝霧の弟子でもあったと伝わる。
精悍な容貌。
失敗しない様に注意する堅実な取り口。
文久元年 9月に吉田司家から横綱免許を授与された。
後に相撲会所 筆頭を務め、明治17年 3月の天覧相撲では相撲副長を務める等、「王侯貴族」と称される程の権勢だったが、義理堅く律儀で謙虚だったので内外の人望を集めた。
幼くして両親を亡くし、自分の子も多く亡くしたからか信仰心が篤く、郷里の神社に石鳥居や石灯籠を、回向院に西表門の赤門(関東大震災で焼失)を寄贈した。

年号・西暦対応表

[相撲人名鑑]


[大相撲 記録の玉手箱]

この頁に関する問い合わせはまで

当サイトの文章・写真など全ての内容物の転載を禁ずる。
Any reproduction of any of its content is prohibited.
本網内容及版権帰本人所有、不得複制、転載。